セフレについて知っていること

おそらくみなさんはすでに「セフレ」のことばを耳にしたことがあり、しかもそのことばの意味を大筋で理解されていることと思います。
「セフレ」は、「セックスフレンド」のことを意味すると言われていますが、では、「セックスフレンド」がいったい何を意味するのかということになると、これは当然、恋人とは少々違った関係にある、少々特殊な男女関係を意味することになります。
さて、この「セフレ」という関係ですが、関係自体はその昔からあったと考えられているものの、しかし、そのことばはいつできたのかということが定かではありません。
そもそも、「セフレ」の原型である「セックスフレンド」ということば自体の発祥が明確になっていませんので、「セフレ」のことばがいつつくられたということに関して明確になるはずがありません。
ちなみに、「セックスフレンド」ということばに関しては、一説によると、小説のタイトルがその発祥となっているということですが、しかし実際のところその真偽も定かになっていません。
セフレということばの由来はともかくとして、そういう関係が実際にあり、多くの男性はそういう関係に強く憧れを抱くのが一般的であると言えることだけは間違いありません。
そういう意味では、「セフレ」というたった3文字が、人間のこころを大きく揺るがすことになるのですから、まったく不思議なものです。

セフレを希望する40代の主婦が多いという事実

セフレは男性が強く求めるものであるという印象があります。
もちろんその印象自体は間違いではないのですが、しかし、女性の中にもセフレを求めている人が少なからずいるのです。
しかも、そういう女性が不規則に点在しているということではなく、ある傾向があるのもどうやら事実のようです。
というのも、女性がセフレを欲する年代や境遇として、「40代の主婦」が非常に多いというデータがあります。
これは意外と思えるかもしれませんが、そこにはある程度はっきりした根拠もあるのです。
というのも、40代ともなると、結婚して10年以上が経過し、夫婦の間にもいろいろと問題が起こり始める時期であり、また、性生活に関しても、徐々にマンネリ化してきて、これが深刻化してしまうと、いわゆるセックスレスの状態に陥ってしまうということも珍しくはないのです。
とすると、旦那さんばかりか、奥さんのほうも強い性的な欲求不満の状況に至り、やがてセフレを探すようになる、というのがその大きな根拠になります。
しかし逆に言えば、セフレを求めている男性からすれば、このことはセフレ探しの上でひとつの大きなヒントにもなっているということになるはずです。
つまり、40代の主婦をセフレのターゲットとして探すという作戦は、十分効果的であると言えるでしょう。
とかく難しいとされるセフレ探しですが、ヒントがあるのとないのでは、大きくその結果が違ってくることは間違いありません。


ザメフ   |    |  03 18th, 2014    |  コメントは受け付けていません。